フランス大統領候補も疑惑まみれ

フランスではもうすぐ大統領選挙です。4月23日に第一回投票が行われ、決選投票が5月になります。現職のオランド大統領は経済がなかなか軌道に乗らなかったため、再選を目指すことを断念しました。そんな中で出馬している候補の中にもスキャンダルに見舞われている人がいます。その一人が共和党の候補フランソワ・フィヨン氏です。フィヨン氏は自分の妻や子供達を秘書として雇ったかのように装って、実体のない勤務に対する報酬を払っていたとされています。ヨーロッパの政治家は清廉潔白という印象があるのですが、彼らもあまり変わらないんだなという感じですね。このフィヨン氏、最初は起訴の是非を決めるための予審にかけられるなら立候補は辞退すると言っていたのに、実際に予審が始まることになると開き直りました。これを「政治的暗殺」と呼んで司法を攻撃し始めました。こうした司法攻撃は民主主義の根幹である三権分立を弱体化させる危険があると指摘され、辞退するという約束を破ったと著名な支持者が何人か離れていったようですが、それでも本人は意に介していないようです。
また国民戦線のルペン氏も似たようなスキャンダルに見舞われています。彼女は自分のボディーガードを実体のないEU議会の秘書にして、不正な給与を払っていたとされています。フランス当局は背任容疑での捜査を望んでいるようですが、欧州議員に対して強制力が無いとかで、ルペン氏は出頭を拒否しています。こちらもフィヨン氏同様開き直ってるわけですね。どこの世界でも政治家には金の話がつきまとうようです。総量規制対象外カードローン

自分へのご褒美はカードで貯まったポイントで!

毎日の生活で必ず必要なものはネットで買います。例えばお米やミネラルウォーター、洗剤などはネットでまとめ買いしています。他にも光熱費や携帯代もカードで支払うようにしています。お中元やお歳暮もネットで買います。
使っているクレジットカードがポイントアップなどイベントをするときがあるのでそのときを狙って日用品はまとめ買いしています。1年を通すと5000円くらいはポイントが付きます。自分の欲しいものを買うときはそのポイントを使って買うようにしています。
ただネットショッピングは欲しいものの情報が沢山出るのでついいらないものまで買ってしまうことがあります。カード払いにするとお財布から現金が減らないためお金を使った感覚があまりなくついつい使いすぎてしまい、月末に思っていた以上の額で驚くなんてことも良くあります。
何度もその失敗をしているので毎回必ず必要なものだけ買うためにずっと同じお店で注文しています。他のお店と比べたりしていると知らない間に違う商品も安いと買ってしまうことが良くあったからです。また、支払いのときピンチになるのも何度も経験しました。ちゃんと計画的に購入するように毎月のカードで使う金額をきめ、購入した商品の金額は一覧でわかるようにしています。プロミス レディースキャッシング

カードローンの審査で重視される点について

カードローンを利用するために申し込みをすると必ず審査が行われます。審査が可決されないとカードローンを利用する事が出来ないので不安になってしまう人も多い事でしょう。そこでカードローンの審査で重視される点について見ていく事にしましょう。

カードローンの審査で一番重視されるのが返済能力があるかどうかという事です。返済能力があるかどうかはまず年収や月々に安定した収入を得ているかを確認します。次に他社のカードローンを利用しているのど借金をしているかどうかを確認します。それで総合的に見てしっかり返済していける人なのかどうか判断されて審査の結果が出ます。基本的に月々に安定した収入を得ていて借金がない場合は審査に可決されます。しかし月々に安定した収入を得ていても借金をしている金額が多いと返済能力がないと判断される事もあるので注意が必要です。カードローンに申し込む時は借金がない状態にしておくといいでしょう。

カードローンの審査で意外と重視されるのが勤続年数です。勤続年数が多いと仕事を長く続けると判断されて返済能力もしっかり判断していると判断されます。しかし勤続年数が少ないと仕事を辞めてしまい収入がなくなってしまう心配をされる事もあるので業者からの信用度は低くなってしまいます。勤続年数が多い人の方が審査に有利になる傾向があります。

カードローンの審査に通るために心がけること

 カードローンは誰でも利用できるわけではありません。貸す相手に返済能力があるかどうか、信用できる客であるかをカードローン会社側は事前に審査をします。審査基準については大きく分けて2つあります。

 ひとつは申請者が申し込みの際に申告する情報です。住所、職業、年齢、勤めている会社の勤続年数や給料、持ち家かどうか等申し込みの際に聞かれることになります。ここで答えた内容を会社側は総合的に判断して、審査の合否を決めます。

 もうひとつは信用情報機関の登録情報です。信用情報機関とは、カード顧客の過去の利用情報を集めている機関です。過去にローンの支払いを延滞したり、債務整理をしたりしたことがある人はこの信用情報機関によって記録されます。登録された情報はどのカード会社も見ることができるため、過去の利用状況によっては審査が通らない場合があります。

 審査に通るためには、信用情報機関にマイナス評価の記録を残さないことが大切です。借金の延滞を繰り返すことは良くありません。また、カードローンを申請したこと自体も記録されるため、短期間に多くのカードローンを申請することもマイナスの印象を与えるため避けましょう。お金を借りた場合でも、期限内にしっかりと返済することを心がけましょう。マイナスの記録を残さない生活をすることで、自然と審査に通りやすくなります。

普段から信用第一でいないとカードローンが持てません

銀行のカードローンに通りやすい人と通りにくい人があります。通りにくい人は銀行の窓口ですったもんだした挙句、骨折り損になってしまうことがあります。 

カードローンを発行は保証会社の保証がついて初めて銀行がカードローンを発行します。保証会社が承認しない限り発行されません。  

カードローンの申し込みがあると銀行は何よりも信用情報をオンラインで取り寄せ、過去の経歴を目で確認します。審査では申込者の古傷を探します。現在の債務残高も同時にチェックします。  

信用情報に傷がついていたり、債務過多の場合にはまずカードローンは丁重に断られるでしょう。しかし銀行によっては取引ぶりから許容範囲内なら前向きに取り組んでくれます。例えば多額の預金者である場合などは一定のさじ加減があります。  

カードローンに通りやすくするには、まず信用を大切にすることです。携帯電話料金の支払い忘れなども信用情報に乗ります。その他すべての取引でトラブルを起こすと信用情報に登録されます。

何もなければカードローンを持つことは簡単なことですが、小さな汚点が1つでもあるとなかなかカードローンを持つことは難しいと考えます。普段から信用第一でいないと、いざというときカードローンを持つことはできません。