カードローンの審査に通るために心がけること

 カードローンは誰でも利用できるわけではありません。貸す相手に返済能力があるかどうか、信用できる客であるかをカードローン会社側は事前に審査をします。審査基準については大きく分けて2つあります。

 ひとつは申請者が申し込みの際に申告する情報です。住所、職業、年齢、勤めている会社の勤続年数や給料、持ち家かどうか等申し込みの際に聞かれることになります。ここで答えた内容を会社側は総合的に判断して、審査の合否を決めます。

 もうひとつは信用情報機関の登録情報です。信用情報機関とは、カード顧客の過去の利用情報を集めている機関です。過去にローンの支払いを延滞したり、債務整理をしたりしたことがある人はこの信用情報機関によって記録されます。登録された情報はどのカード会社も見ることができるため、過去の利用状況によっては審査が通らない場合があります。

 審査に通るためには、信用情報機関にマイナス評価の記録を残さないことが大切です。借金の延滞を繰り返すことは良くありません。また、カードローンを申請したこと自体も記録されるため、短期間に多くのカードローンを申請することもマイナスの印象を与えるため避けましょう。お金を借りた場合でも、期限内にしっかりと返済することを心がけましょう。マイナスの記録を残さない生活をすることで、自然と審査に通りやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です